育毛シャンプーと育毛剤の違いは?

最近髪の毛や頭皮が気になるなと不安に感じてはいませんか?

そんな時、まず皆さんの目に止まるのが、育毛シャンプーや育毛剤という言葉だと思いますが、
この二つにはどのような違いがあるのでしょうか?

どちらも普通のヘアケア剤より高額なものが多いので気になりますよね?
この育毛シャンプーと育毛剤の二つに必ず共通して言えるのが、
育毛だけにこだわった成分が配合されている、
また頭皮の油分を押さえるというのが共通して言えることでしょう。
ですので髪の毛自体をケアする成分は少ないと言えます。
物によっては髪の毛がキシキシする感じがあるでしょう。

ではこの二つの違いですが、
育毛シャンプーというのは髪の毛が生える土台となる頭皮のコンディションをシャンプーにより整えるものです。
ですから、シャンプーその物自体が発毛効果があるわけではありません。
土台のコンディションを整え、発毛しやすい環境を作り、抜け毛を防ぐ役割があると言えます。
一方の育毛剤は、今ある髪の毛に対して栄養を補給したり、抜け毛をさせないようにしたりするものです。

育毛シャンプーと一番違う点は、男性ホルモンに働きかけているところではないでしょうか。
値段や、何を重点的においている育毛剤かで多少内容は変わりますが、
育毛剤の多くは、男性ホルモンの抑制、頭皮を清潔に保つ成分、血行促進をはかる成分などが含まれています。

では何故男性ホルモンの抑制が良いかというと、男性ホルモンに含まれる成分の中に脱毛を引き起こす成分があるからなのです。
こちらで脱毛をストップさせ、血行促進で毛母細胞に血液で栄養を送らすという二点が育毛シャンプーとの大きな違いと言えます。

勿論、抜け毛や薄毛が気になるという方はこの育毛シャンプーと育毛剤を併用することで、
より高い効果が得られると言えますが、育毛剤などは決してすぐすぐ効果が表れるものではありません。
少なくとも半年は使用を継続するということが大切です。
髪の毛にも生えるサイクルというものがありますから、その点を理解しながら使用を続けることが大事です。

気になる方は是非、この二つを併用してみて下さいね。
ページのトップへ戻る